読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイト専門プログラマの言いたい放題

元システムエンジニアがサイト制作とプログラミングについて好き放題しゃべります。

【ワードプレスの諸設定を読み込む get_option()】

WordPressの基礎知識

f:id:wp-lesson:20151026124328j:plain
ワードプレスのテンプレートには管理画面で設定できるさまざまな
項目を読み込んでページに表示をさせている箇所があります。
 
特にヘッダー(header.php)にはたくさんありますので、
スキルをアップしたい方は見てください。
 
例えば

<?php bloginfo('url'); ?>
<?php bloginfo('name'); ?>
<?php bloginfo('description'); ?>

などが見つかると思います。
 
これらは管理画面の設定ページのサイト名や説明欄に登録した内容を
echo(HTMLに変換する命令)を使ってページに埋め込む命令です。
 
管理画面で設定した内容は、データベースに保存されているので、
それを読みだしてくるための命令と理解すればOKです。
 
データベースと一言にいっても、中身は目的別に分けられています。
 
病院に例えると、
・受付
・診察室
・手術室
・薬品保管庫
・入院病棟
・会計
 
みたいな感じです。
 
ワードプレスの管理画面の設定内容のほとんどは、
 
wp_options
 
という名前の区画(テーブルと呼びます)に格納されていて、取り出したい項目名
を指定してPHPプログラム中に読み込む命令として get_option() があります。
 
▼参考:ワードプレスのデータベース構造
http://wpdocs.m.osdn.jp/%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%9…
 
ワードプレスをより深く理解してワンランク上のカスタマイズが
できるようになりたい方は一度見ておいてください。
 
いろんなテーブルがあることがお分かりいただけると思います。
 
wp_posts ・・・ 投稿データ
wp_users ・・・ ユーザー情報
 
など。