読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイト専門プログラマの言いたい放題

元システムエンジニアがサイト制作とプログラミングについて好き放題しゃべります。

【WordPressのカスタムフィールド系プラグイン決定版】

WordPressの基礎知識

アーキテクチャに問題があったことで
一部のディベロッパーたちから激しい
バッシングを浴びた
 
 
「Advanced Custom Fields」(通称:ACF)
 
 
および、上位版(有料)
 
 
「Advanced Custom Fields PRO」
 
 
私も以前は使っていましたが、このプラグイン
登録したカスタムフィールドのデータは、
WordPressの標準ではない方法でDBに保存される
ため、同一ページ内で登録できるフィールド数に
上限があるなど、実用サイトでバリバリ活用する
には難がありました。
 
 
そこでACFの開発者は、アーキテクチャを見直し、
ACF Pro(有料)で提供していた拡張機能をも
標準搭載した新しいプラグインを発表しました。
 
 
「Custom Field Suite」(通称:CFS
 
 
ACF無料版では使えなかった、フィールドの
繰り返し登録が標準で使えるだけでも利用価値が
飛躍的に高まりました。
 
 
これ、すごく便利です。
私は実務でもレッスンでも、CFSを使っています。
 
 
欲を言うと、CFSにはチェックボックスタイプの
入力欄が標準搭載されていないので、欲しければ
カスタマイズする必要があります。
 
 
方法は既にネットに出ているので、
HTMLやPHPといったプログラムコードを見ても
抵抗がない中級者以上の方には問題ないでしょう。
 
 
でも、できれば標準搭載して欲しかったなぁ~
という方の期待に応えるプラグインがこれです。
 
 
「Smart Custom Fields」(通称:SCF)
 
 
公式プラグインなので、WordPress管理画面の
[プラグイン]->[新規追加] の検索で出てきます。
当然無料です。
 
 
ZIPでダウンロードしたい方はこちらから。
ja.wordpress.org

 
 
使い方は、ACFやCFSと似ています。
そもそもカスタムフィールドを読み書きするという
機能は同じなので、似ていて当然なのですが。
 
 
WordPressを使ったサイト構築の幅が
グンと広がるプラグインだと思います。


↓↓↓「自分で作れる力」を身につけたいあなたへ↓↓↓

【1】CODEMYマンツーマンレッスン

codemy-lesson.office-ing.net
⇒30分無料相談あり
⇒知りたいことだけ学べる個人レッスン

▼レッスンの記録をご覧いただけます。
https://www.facebook.com/codemy.lesson/
 

【2】プログラミング講座CODEMY

office-ing.hatenablog.com
⇒動画と個別添削で学べるオンラインレッスン

自分でホームページやプログラムの制作やカスタマイズをできるようなりたい方が
業種・経験・地域を問わず参加されています。

講師実績

業界大手リクルート社が運営する総合学習サイト「おしえるまなべる」
2015年、パソコンジャンルで1位評価
2016年9月「ホームページ作成のツボとコツがゼッタイにわかる本」出版

講師が執筆した本が発売されました!

『ホームページ作成のツボとコツがゼッタイにわかる本』
定価: 2,400円(税別)出版社:秀和システム
 
Amazon購入ページはこちら!