読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイト専門プログラマの言いたい放題

元システムエンジニアがサイト制作とプログラミングについて好き放題しゃべります。

【よく耳にするマルチサイトって何?】

f:id:wp-lesson:20150824012729j:plain
Wordpressで多言語向けのサイトを作るなら
マルチサイトにすれば良いというアドバイス
がネット上に散見されます。
 
私は一長一短だと断言致します。
 
こういうことをしたいなら、こうしたらよい
という答えに安易に飛びついて良い場合と
そうでない場合があるからです。
 
マルチサイトとは、1つのWordpress上に
あたかも複数Wordpressが相乗りしている
ように見えるサイト管理の方法を言います。
 
通常、Wordpressは、サイト1つに対して
データベースが1つ(正確には1式)付随
しますので、複数のサイトを管理するには
1サイトずつWordpressをインストールし、
データベースもサイトの数だけ別々に存在
することになります。
 
しかし、マルチサイトにすれば、1つの
データベース内に複数Wordpressサイト
のデータを格納することができるばかりか、
インストール作業らしい作業が要りません。
 
設定ファイルを2つ書き換え、Wordpress
の管理画面(ダッシュボード)の中から
マルチサイトの登録・諸設定を行います。
 
マルチサイトを解除するのも、書き換えた
設定ファイルの中身を元に戻すだけです。
 
さらに、マルチサイトの管理画面からは
各サイトのダッシュボードに入れるだけ
でなく、登録サイト全体でテンプレートや
プラグインを共有することが可能です。
 
他にもマルチサイトのメリットはありますが
デメリットもあります。
 
典型的な問題は、プラグインの不適合です。
Wordpressプラグインは世界中の有志が
独自に開発していますので、必ずしも
あなたのWordpressサイトの環境にマッチ
したプラグインばかりではありません。
 
中には、マルチサイト化されたWordpress
で利用されることを想定していないものも
ありますので、単独のサイトなら問題なく
使えていたプラグインが、マルチサイト化
した途端に使えなくなることもあります。
 
 
便利さと不便さは表裏一体ということです。
 
便利な側面ばかりに目を向けて疑うことを
放棄して自ら盲目になってしまうと、
突き当たった問題を自力で解決することが
できなくなってしまいます。
 
「考えて選ぶ」ことを放棄した報いですね。
 
私はいつもそう考えてサイトの制作方針を
決めるようにしています。

こんな方におすすめのマンツーマンレッスンを行っています

  1. ホームページの制作経験はあるけれどWordpressやレスポンシブサイトになると分からない方
  2. HTMLはある程度分っているつもりだけれど仕事で行き詰ってしまうことがある方
  3. Dreamweaverなどのホームページ制作ソフトに頼ってきたため何も見ずにHTMLを手書きできない方

無料相談だけでも受けてみたい方へ

HTMLやCSSの基礎、ホームページの制作やカスタマイズでお困りの方はお気軽にご相談ください。

oshierumanaberu.net

↑ページの中ほどにあるオレンジ色の「先生に聞いてみる」というボタンを押すと、メッセージが入力できますので、お気軽にご相談ください。

ご相談のメッセージをいただきましたら24時間以内にお返事を差し上げます。より詳しい状況をお聞かせいただける方には1時間ほどですがスカイプで無料相談を承りますので、ご遠慮なくお尋ねください。