読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイト専門プログラマの言いたい放題

元システムエンジニアがサイト制作とプログラミングについて好き放題しゃべります。

プログラムを綺麗に書くコツ

f:id:wp-lesson:20151221200720p:plain

綺麗なプログラミングは作法から

間違いの少ないプログラムを書くには、
間違を犯す可能性が少ない書き方をするのが上策です。

一番簡単なのは、右端で折り返さないエディターに移してから編集することです。

ワードプレスやネットショップにはHTMLを編集するための
専用のエディターや編集欄が付いていますが、それらは

「とりあえず付いている」程度のものが多いのです。

間違いの少ないプログラムを書くために重要な要素が
備わっていないのです。

右端で改行しないエディタを使う理由

プログラムにおいて改行は大きな意味を持ちます。
普通の文章なら、改行しても文脈は同じですが、
多くのプログラム言語には「行の終わり」を示す記号が決まっています。

ですから、長くなったからこのあたりで改行しよう、
という気まぐれは文法違反でエラーになってしまうのです。

ワードプレスやネットショップに付いているエディターは
右端で折り返すものが多いので、どこまでが文法上の1行
なのかを見間違えてしまう可能性が高くなります。

行番号が付いたエディタを使う理由

多くのプログラム環境では、文法間違いがあったときに
「何行目がどういうエラーか」を表示してくれます。

せっかくエラーの箇所と原因が表示されていても、
お使いのエディターに行番号の表示機能がなければ追跡ができません

プログラムは通常、短くても数十行~数百行になりますから、
ワードプレスやネットショップに付いているエディター上で
「1,2,3、、」なんて数えていられません。

ぜひ、行番号付きのエディターを使ってください。

具体的にどうすればいいの?

WEBサイト専門プログラマーの私が10年以上愛用している
エディターがあります。

▼NoEditor
YokkaSoft webpage

・行番号表示あり
・ファイル保存字の文字コードが指定可能
・フォルダごと一括検索、一括置換が可能
・動作が軽い
・ブルー系の外観が好き(個人の好みです)

これ以外にも、HTML初学者に役立つ機能があります。

・HTMLタグ挿入ボタンあり
・ブラウザでプレビュー機能あり

ワードプレスやネットショップのHTMLやPHPを編集するときは
いったんエディター内の全文をコピーして、
プログラム用のエディターに貼り付けてから編集します。

編集が終わったら、全文をコピーして貼り付け直して更新。
というように作業すると効率的ですよ。

プログラミング講座のご案内

2015年12月現在、まだ初級コースだけですが、

【期間限定】クリスマス前日までのお申し込み

に限り、特別価格にてご参加いただけます。

↓↓↓ 仮登録フォームはこちら ↓↓↓
docs.google.com

※仮登録いただいた方には講座の詳細をご連絡させていただきます。
※仮登録は受講枠の仮押さえとお考えください。
 本登録するまで料金は発生しませんのでご安心ください。


f:id:wp-lesson:20150822170414j:plain