読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイト専門プログラマの言いたい放題

元システムエンジニアがサイト制作とプログラミングについて好き放題しゃべります。

【コーダーに求められるスキル】

f:id:wp-lesson:20170207145214j:plain

スマホユーザー層を取り込むために、
Webのアプリやシステムのフロントを
レスポンシブにする需要が多い模様。
 
必然的に、スマホでの操作に反応して
スライドやメニューを動かす「動作」を
組み込むことも求められています。
 
かつての、デザイン通りの「静止画面」
を作るコーディングから、
 
スクリプトを組んだりライブラリを
活用できるコーディングへと、
 
コーダーに求められるスキルも変わって
きているように感じます。
 
また、
 
バックエンドにサーバー側のシステムが
存在するアプリでは、コーダーが作った
HTML等をサーバー側のエンジニアが
書き換えてデータベースと連動させるので、
 
コーダーも、自分の仕事の成果物が後工程で
どのような技術でどのように加工されるのか
「私は知りません」では済みません。
 
デザインを忠実にコードで再現できるのは
当然として、機能的な要件も考慮しながら
ファイルの分け方やコードの適切な構造を
決めていくことができる人。
 
そういうコーダーが求められていることを
強く感じます。
 
 
P.S.
 
添付はデザイナーさんとやり取りするため
デザインをA3印刷し、フォント名やカラー、
画像をどのように切り出すかという仕様を
決めているところです。
 
JPGにした静止画像だけ渡されても
コーディングできませんからね。
 
photoshopで使ってあるフォントが
Webで使えない特殊なフォントだったり、
マウスオーバーしたときの配色とか、
ヒアリングしないと出てこない情報が
結構あるんです。