読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイト専門プログラマの言いたい放題

元システムエンジニアがサイト制作とプログラミングについて好き放題しゃべります。

MovabletypeからWordpressへの移行方法

f:id:wp-lesson:20151012175735j:plain
MT(Movabletype)からWP(Wordpress)への移行について、
お世話になっている知り合いから相談をいただきました。


年末までに数百ページもあるブログとホームページを
MTからWPへ移行しなければならないというのです。


ブログはMTからページのデータをダウンロード(Export)
してWPへアップロード(Import)する方法で解決しましたが、
問題はホームページです。


WPで言うと「固定ページ」に相当するページです。


WPのImportツールだと、全てブログページとして
取込みされてしまう可能性が危惧されます。


WPの固定ページと投稿ページは、データベース構造的に
ほとんど同じですが、固定ページにはカテゴリーという
概念が無い点が異なります。


従って、WPのImportツールで固定ページとして外部の
データを取り込むことはできないのではないかと。


実際やってみたわけではありませんが、Importツール
MTのデータ構造をきちんと解読して固定ページをブログ
としてではなく固定ページとして取り込むように出来て
いるかどうか、担保が無いわけですから、安全策を取る
のが賢明だと考えました。

最終的に採用した方針は?

かと言って、MTとWPを両方開いて1ページずつタイトルと
本文を手作業で転記するのは非効率です。


ページ数が多いので。


そこで私が提案した方法は次の通りです。


1.まずは単純にMTの固定ページをExportしてWPへImportする。

→WPの「投稿ページ」に入るはず。

2.WPの投稿ページから固定ページへタイトルと本文をコピペする。

→WPの中での作業だから移行元が何だろうともはや無関係。

3.作業が済んで確認も終わったら投稿ページを削除する。


この方法なら、1の動作は担保されていますし、
2も3もWPの基本的な操作ですから、
不具合が混入するリスクは最小限に抑えられるはずです。


ページ数が多くても、WPの基本操作さえできれば、
MTのことに詳しくない人でも移行作業ができます。


作業期間とリスクを考えた結果そうなったのですが、
データの整合性や合理性ということを考えると、
自然にそういう結論に行き着くんですよね。


私は特にMTに詳しいわけでもなく、
移行作業を専門にしているわけでもありませんが、


プログラミングと同じように、
「スタート」から「ゴール」に向かって手順を論理的に
積み上げて道筋を作り出すことは得意なので、
お話を聞きながら頭の中で手順を考えていました。


if (もしこの方法を採用したら) then
 こうなってしまう
else (でもこの方法だったら)
 うまくいく
end if


このように、現実世界の問題を解決するときにも、
プログラミング的な論理的思考は役に立つのです。



office-ing.hatenablog.com
office-ing.hatenablog.com
office-ing.hatenablog.com