読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイト専門プログラマの言いたい放題

元システムエンジニアがサイト制作とプログラミングについて好き放題しゃべります。

【見積交渉におけるRetina対応とレスポンシブ】

サイト制作実務の話

f:id:wp-lesson:20170216221748j:plain
レスポンシブという言葉は浸透してきましたが、
Retinaディスプレイへの対応をするかしないかで
制作の手間が変わることや、Retina対応の必要性を
考えておられるクライアント様は少ないようです。
 
そんなクライアント様と見積交渉する上で、
Retina対応の必要性をご理解いただくためには、
 
↓5分で読めるので、読んでいただけますか?
必読!5分でわかるレスポンシブWebデザインまとめ その2 | 株式会社LIG
 
とお願いすると良いでしょう。
 
その上で、まずはRetina対応を前提とした
レスポンシブな費用見積を提示します。
 
クライアント様のご予算が合わない場合は、

「では、Retina対応をやめますか?」

で調整します。
 
あとは、ブレークポイントの数で調整です。
 
iPadはPCと別にせず同じレイアウトにする」
 
それでも折り合いがつかない場合は残念ながら
クライアント様(窓口の担当者)のご理解が
とても浅いケースかも知れませんので、
 
「モバイル対応をせず、PC専用に構築する」
「モバイル専用に構築する」

 
のどちらか選択を委ねます。
 
もちろん、モバイル対応の必要性をご理解されて
ご予算が立ったときはご相談いただけるよう伝えます。