読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイト専門プログラマの言いたい放題

元システムエンジニアがサイト制作とプログラミングについて好き放題しゃべります。

【CSSだけを勉強しても使えるようになれない決定的な理由】

f:id:wp-lesson:20161223131542j:plain

お知り合いのサイトを作っている生徒さんから、
ワードプレスの有名なテンプレートを使って、見栄えを少し変えたい」
というご相談をいただきました。
 
技術的にいえば、スタイルシートCSS)の基本的な知識で
解決できることだったのですが、
 
多くの方が勘違いされるのですが、
CSSをちゃんと使いこなせるようになるには、
 
・HTMLの文法知識
・HTMLの構造を読み解けるスキル
ディベロッパーツールの活用法

 
などの『前提スキル』も必要です。
 
もしこれらの知識がないと、

どこに書くのが正しいのか、
書いたけどうまくいかない原因はなんなのか、

といった問題にすぐ突き当たってしまうからです。
これって、自己解決に絶対必要なことなんですよね。
 
CSSに限らず、プログラムというのはたくさんのコードが正しい秩序に沿って
書いてあることで初めて正しく思い通りに動くのです。
 
途中をすっ飛ばして見た目のCSSだけ着目しても、
山田さんのサイトだとうまくいくのに
田中さんのサイトだとうまくいかない、

なんてこと「ザラ」にあります。
 
初心者の方は、ご存知なくても当たり前なのですが、
 
CSSの書き方がわかればいい」
 
というのは大きな誤解なんです。
 
「なぜこの場合はこう書くのか?」
「なぜそうすればいいだろうと思いつくのか?」
 
という、答えを導き出せるスキルも大事なんです。
 
数学の問題で、答えだけじゃなく途中の過程が大事なのと同じです。
 
 
この生徒さんは初心者ですが独学でCSSを学び、
ワードプレスCSSをどこに書けばよいかを理解しておられました。
 
ですから、この方に必要なスキルはCSSの細かい文法よりもむしろ
「発想の仕方や着眼点」です。
 
スカイプで講師の画面をお見せしながら、
 
「ここを中央寄せにしたいんですよね?
 だったら、ここのタグじゃなくてこっちのタグに
 こういう意味のCSSを適用できたらいいですよね?」
 
「じゃあそういうCSSは無いかどうか、
 ネットで検索してみましょうか。
 検索ワードはこうすればいいでしょうね」

 
というように、

どのように何を見て何を思い、
どういう手順でわからないことを解決していくのか

という活きたアプローチを体感していただきました。
 
↓↓↓「自分で作れる力」を身につけたいあなたへ↓↓↓

【1】CODEMYマンツーマンレッスン

codemy-lesson.office-ing.net
⇒30分無料相談あり
⇒知りたいことだけ学べる個人レッスン

▼レッスンの記録をご覧いただけます。
https://www.facebook.com/codemy.lesson/
 

【2】プログラミング講座CODEMY

office-ing.hatenablog.com
⇒動画と個別添削で学べるオンラインレッスン

自分でホームページやプログラムの制作やカスタマイズをできるようなりたい方が
業種・経験・地域を問わず参加されています。

講師実績

業界大手リクルート社が運営する総合学習サイト「おしえるまなべる」
2015年、パソコンジャンルで1位評価
2016年9月「ホームページ作成のツボとコツがゼッタイにわかる本」出版

講師が執筆した本が発売されました!

『ホームページ作成のツボとコツがゼッタイにわかる本』
定価: 2,400円(税別)出版社:秀和システム
 
▼Amazon購入ページはこちら!