読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイト専門プログラマの言いたい放題

元システムエンジニアがサイト制作とプログラミングについて好き放題しゃべります。

【JavaScriptで最大値を持つ配列要素を探す】

f:id:wp-lesson:20161009213616p:plain

JavaScriptを勉強中の生徒さんと
週末の晩にレッスンをしました。
 
 
今回のレッスンは、5問4択の質問の中で
ユーザーが選択した回数が最も多かった
選択肢をプログラムで見つけ出す考え方。
 
 
配列 count に、各選択肢が選ばれた回数を
数えたものを代入しておきます。
 
 
count[0]・・・選択肢1が選ばれた回数
count[1]・・・選択肢2が選ばれた回数
count[2]・・・選択肢3が選ばれた回数
count[3]・・・選択肢4が選ばれた回数
 
 
この中から最大値を求めるには、
数学ライブラリ Math の max 関数を使い
 
 

var max = Math.max(count[0],count[1],count[2],count[3]);

 
とします。
 
 
これで max には、count[0]~count[3]
のうち最大値が入ります。
 
 
本当に知りたいのは最大値が [0]~[3]
のどれに入っているのかという番号。
 

var idx = count.indexOf(max);

 
 
これで目的の番号(配列要素のインデックス)
が得られます。

↓↓↓「自分で作れる力」を身につけたいあなたへ↓↓↓

【1】CODEMYマンツーマンレッスン

codemy-lesson.office-ing.net
⇒30分無料相談あり
⇒知りたいことだけ学べる個人レッスン

▼レッスンの記録をご覧いただけます。
https://www.facebook.com/codemy.lesson/
 

【2】プログラミング講座CODEMY

office-ing.hatenablog.com
⇒動画と個別添削で学べるオンラインレッスン

自分でホームページやプログラムの制作やカスタマイズをできるようなりたい方が
業種・経験・地域を問わず参加されています。

講師実績

業界大手リクルート社が運営する総合学習サイト「おしえるまなべる」
2015年、パソコンジャンルで1位評価
2016年9月「ホームページ作成のツボとコツがゼッタイにわかる本」出版

講師が執筆した本が発売されました!

『ホームページ作成のツボとコツがゼッタイにわかる本』
定価: 2,400円(税別)出版社:秀和システム
 
Amazon購入ページはこちら!