読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイト専門プログラマの言いたい放題

元システムエンジニアがサイト制作とプログラミングについて好き放題しゃべります。

【レッスン後記】~検索ロボット来ないで!~

f:id:wp-lesson:20160722162327j:plain

商用サイトの販売ページなど、
購入者にしか見せたくないページが
ネット検索に載ると困りますよね?
 
そんなときどうするか?
というのが今日のレッスンでした。
 
1.リファラーをチェックする
2.IDとパスワードで認証制にする
3.検索ロボットの巡回を拒否する
4.検索結果からの削除を申請する

 
などの対策が考えられます。
今日のレッスンでは、
3と4を併用する方法をお教えしました。

検索ロボットの巡回を拒否する

www.google.com
サーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)を使います。
サイドバーにあるメニューから

「クロール->robots.txtテスター」

を開き、

robots.txtの文法に沿って、テスト用の設定を入力します。

f:id:wp-lesson:20160722162546j:plain

画面下に、ページやディレクトリ単位で設定を確認する欄が
ありますので、URLを入力して検索ロボットの種類を選んで
テストします。

検索ロボットに来てほしいページが「許可」になっていて、
検索ロボットに来てほしくないページが「拒否」になっていることが
確認できたら、設定をファイルに保存してウェブサーバーに配置します。

検索結果からの削除を申請する

同じく、サーチコンソールのメニューから

Googleインデックス->URLの削除」

を開きます。

f:id:wp-lesson:20160722162959j:plain

「一時的に非表示にする」ボタンをクリックして、
検索結果ページから削除して欲しいページのURLを入力します。

あとはステータスの変化をしばらく観察します。
Googleが検索結果から消してくれればステータスが変わります。

ただし、あくまでもこれはGoogleへの「お願い」ですので、
申請してすぐ削除してもらえる保障はありません。

ですから、今すぐにでも見えないようにしたいときは

1.リファラーをチェックする
2.IDとパスワードで認証制にする

などの措置を検討しましょう。
詳しくはマンツーマンレッスンにてご相談ください。

↓↓↓「自分で作れる力」を身につけたいあなたへ↓↓↓

【1】CODEMYマンツーマンレッスン

codemy-lesson.office-ing.net
⇒30分無料相談あり
⇒知りたいことだけ学べる個人レッスン

▼レッスンの記録をご覧いただけます。
https://www.facebook.com/codemy.lesson/
 

【2】プログラミング講座CODEMY

office-ing.hatenablog.com
⇒動画と個別添削で学べるオンラインレッスン

自分でホームページやプログラムの制作やカスタマイズをできるようなりたい方が
業種・経験・地域を問わず参加されています。

講師実績

業界大手リクルート社が運営する総合学習サイト「おしえるまなべる」
2015年、パソコンジャンルで1位評価(総合3位)

f:id:wp-lesson:20160313222620j:plain