読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイト専門プログラマの言いたい放題

元システムエンジニアがサイト制作とプログラミングについて好き放題しゃべります。

【福沢先生を破り捨てる勇気に乾杯】

サイト制作実務の話

f:id:wp-lesson:20160825122510j:plain

エンドユーザー様が操作ミスをして
とあるショップのレイアウトが崩れ
てしまったという連絡が入りまして。
 
修正する私にとっては、
 
「なんでそんなデリケートなボタンを
 よく分からないのに押すの?」
 
と思うのですが、ユーザー様は
 
「うーん、よくわかんないけど
 とりあえずいろいろ押してみよう!」
 
ぐらいの感覚なのだということが
よぉ~く分かりました(´Д`)ハァ
 
でも、よく考えてみて欲しいんですよ。
 
使いこなせないツールを、確認もせず
操作ミスしてサイトを壊してしまうと、
復旧作業のため本来発生しない人件費
が発生するということを。
 
たとえば復旧作業に半日かかった場合、
エンジニア0.5人日分の福沢諭吉さんを
破り捨てるのと同じかと。
 
勇気ありますか?
 
「もし操作ミスしたら1万円札数枚、
 目の前で破り捨ててください。
 いいですね?」
 
と聞かれて、
 
「はい、その覚悟できてます。」
 
と言えますか?
 
それと同じくらい勿体ないことだと
思うのは私だけでしょうか。