読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイト専門プログラマの言いたい放題

元システムエンジニアがサイト制作とプログラミングについて好き放題しゃべります。

【WordPressのエラーを読み解く】

WordPressの基礎知識

f:id:wp-lesson:20151012175727j:plain
ワードプレスのカスタマイズ中にエラーが出たら、
 
「わぁ~出た~どうしよ~」
「何書いてあるのかわかんね~」

と慌てても仕方がありません。

英語が分ろうが分からなかろうが、ワードプレスが表示してくれている
ダイイイングメッセージから目を逸らさないことが大切です。

f:id:wp-lesson:20151122215311p:plain

添付の例だと、こう読み取ります。
 
Parse error:

パースエラー?
パースってなんだろ?→ググる

パースとは構文解析のことらしい。
ってことは構文エラーってことか。
書き方がまずかったんだ。
 
syntax error,

シンタックスってなんだろ?→ググる

構文規則のことらしい。
日常生活ではまず使わない単語だよね。
とにかく文法的にどこか間違っている
ということは確実か。
 
unexpected '}' in ~~functions.php on line 239

unexpected ってのは expected に否定の un(アン)が付いてるから
「期待しない」エラー、つまり「予期しないエラー」ってことか。

'}' という閉じカッコが本来この場所に登場してはいけないのに登場している、
そのことを「予期しない '}' 」だとワードプレスは言っているんだろう。

in ~~ on line 239 について。
line(ライン)ってのは行のことだから、functions.phpというファイルの239行目
に余計な閉じカッコがあるよ!というメッセージなんだろう。
 
 
上記のように考えながらエラーメッセージを読み解いていきます。
 
syntax、parse、unexpected など日常生活で使わない英単語が登場しても、
面倒くさいと思わず翻訳サイトで一度調べることが大事です。
 
一度調べたら、「ああ~そういう意味ね」という納得が生まれるので印象付きます。
 
ダイイングメッセージは状況証拠そのもの。
ドンピシャでなくとも、原因と修正方法を見つける唯一の手掛かりです。
 
ある程度、和訳の意味がわかったら、次は日本語でググればいいんです。
 
あなたと同じエラーを経験して解決した先人が書いたサイトが見つかるでしょう。