読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイト専門プログラマの言いたい放題

元システムエンジニアがサイト制作とプログラミングについて好き放題しゃべります。

【制作会社と金額交渉】

f:id:wp-lesson:20150825090750j:plain
諸々の事情で深夜作業や制作ページが
増えたことによる請求額の変更について
制作会社と交渉することになりました。
 
関西人の私としては、お金の話をする時
 
「いくらになりますか?」
『そうですね、300万円』
 
というベタなジョークで場を和ませてから
真面目に本題に入りたいところですが、
 
大事なのは「金額の根拠」です。
 
「一般的にはこれくらいしますよ」
 
では根拠に乏しく説得力に欠けます。
先方にも予算がありますから、根拠が
不十分だと泣き倒されて終わりです。
 
「見積に無い作業がこれだけ発生し、
 依頼によって作業をした」
 
という事実関係について双方が認める
ことが大前提で、そこから予算超過した
分をどうやって精算するかを協議します。
 
交渉は互いに譲歩し合うことで着地点を
見出す場ですから、ギリギリの金額で
スタートすべきではありません。
 
かといって、理由なき高額請求はNG。
根拠は維持しつつ、金額のみ調整して
合意点を見出すことが大切です。