読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイト専門プログラマの言いたい放題

元システムエンジニアがサイト制作とプログラミングについて好き放題しゃべります。

【脳ミソが沸騰しそうです・・・】

f:id:wp-lesson:20170414131216j:plain

CSVを読み込んで、マスターと照合して
どうのこうのするツールを作成中です。
 
もちろんお仕事です。
 
プログラムの中で取り扱うデータ構造は
自分で考えて決めることが多いのですが、
 
なるべくシンプルに心がけても、
実際のロジックはなかなか複雑になる
ことが多いです。
 
実務のプログラムですから、
当然といえば当然かもしれませんが。
 
 
ループが3重4重になってくると、
 
「これ、どのデータとどのデータの
 何番目と何番目を照合してるの?」
 
と、自分で書いていても混乱してきます。
 
超集中モードのときに一気に進めないと
次の1行がなかなか書けません。
 
筋道が経っていない状態で何を書いても
正しい動作になるはずがないからです。

【ワードプレスのインストールが失敗する意外な原因】

f:id:wp-lesson:20170414130942p:plain

海外在住のデザイナーさんからメールで
ご相談をいただきました。
 
「お名前.comで取得した独自ドメインを、
 さくらインターネットのサーバーで使いたい」
 
ワードプレスをインストールしたけれど、
 画面が表示されない。403 Forbiddenが出る」

 
ウェブサイトが正常に表示されない原因は
いろいろ考えられるので、上記の情報だけでは
 
「こうすればいいですよ」
 
という答えを見つけることはできません。
 
ではどうすればいいのでしょうか?
 
それは、ウェブサイトが表示される仕組みを知り、
段階的に原因を探っていくことです。
 
独自ドメインワードプレスを運用するには、
以下の設定が全部正しくできている必要があります。
 
1.DNSの設定
2.データベースの設定
3.ワードプレスのインストール
4.ワードプレス独自ドメインの関連付け

 
これらを1つ1つ順番に確認していくことで、
どこまで設定できていて、
どこが設定できていないのかを特定できます。
 
今日のレッスンで原因を調べた結果、
 
レンタルサーバー側で海外からのクセスを
 拒否する設定が有効になっている』

 
これが原因でした。

PR

CODEMYのマンツーマンレッスンでは、WordPress
HTML5やCSS3を基礎からしっかり学びたい方のために、
コース学習の中でカリキュラムをご提案致します。
 
▼無料相談をお気軽にご利用ください。
http://codemy-lesson.office-ing.net/contact
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講師が執筆した本が発売されました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
WordPressのツボとコツがゼッタイにわかる本』
 
Amazonで概要を見る
http://amzn.to/2nd7Ia5
 
『ホームページ作成のツボとコツがゼッタイにわかる本』
 
Amazonで概要を見る
http://amzn.to/2bXJkbs
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CODEMYのオンラインレッスン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【1】自宅でマンツーマンレッスン
http://codemy-lesson.office-ing.net/

知りたいことだけ学べる個人レッスンです。

 
【2】動画と個別添削のプログラミング講座
http://bit.ly/2h7ZeRJ
 

HTML/CSS/JavaScriptの基本が身に付くレッスンです。

↓無料体験はこちら
http://bit.ly/2hw7mIy

【HTMLとスタイルシートの関係】

f:id:wp-lesson:20170414130812p:plain

HTMLのテンプレートを使ってサイトを制作している
生徒さんと、スカイプで1時間レッスンを行いました。
 
文章やリンクを入れる程度しかHTMLを触っていないので、
 
「表を埋め込むにはどうしたらいいの?」
「ページ内にリンクさせるにはどうしたらいいの?」
「表に枠をつけるにはどうしたらいいの?」

 
などなど、悩みは尽きません。
 
でも、自分でできるようになっていただきたいので、
今日のレッスンではHTMLとスタイルシートの役割について、
表を作ることを例として解説させていただきました。
 
最初は誰もが勘違いされるのですが、
 
「HTMLを書いたら表を埋め込むことができる」
 
半分は正解ですが、半分は間違いです。
 
HTMLを書いただけでは、枠線とか色は付きません。
 
建築にたとえると、
 
HTMLは家の骨格に相当します。
どこがキッチンで、どこが玄関で、という枠組みを
定義するのがHTMLの役目です。
 
そして、壁の色や材質、装飾・デザインなどは
スタイルシートCSS)に記述をして、
HTMLにリンクさせます。
 
ですから、思うようなデザインを表現するためには
HTMLとスタイルシートの基本的な書き方と、
それぞれの役割を知ることが大切です。
 

PR

CODEMYのマンツーマンレッスンでは、WordPress
HTML5やCSS3を基礎からしっかり学びたい方のために、
コース学習の中でカリキュラムをご提案致します。
 
▼無料相談をお気軽にご利用ください。
http://codemy-lesson.office-ing.net/contact
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講師が執筆した本が発売されました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
WordPressのツボとコツがゼッタイにわかる本』
 
Amazonで概要を見る
http://amzn.to/2nd7Ia5
 
『ホームページ作成のツボとコツがゼッタイにわかる本』
 
Amazonで概要を見る
http://amzn.to/2bXJkbs
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CODEMYのオンラインレッスン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【1】自宅でマンツーマンレッスン
http://codemy-lesson.office-ing.net/

知りたいことだけ学べる個人レッスンです。

 
【2】動画と個別添削のプログラミング講座
http://bit.ly/2h7ZeRJ
 

HTML/CSS/JavaScriptの基本が身に付くレッスンです。

↓無料体験はこちら
http://bit.ly/2hw7mIy

【HTMLをピンポイントで学べるレッスン開始】

f:id:wp-lesson:20170414130641j:plain

WordPressの5時間コースを
受講された生徒さんから、
 
「HTMLのレッスンを受けたい」
 
というご相談を
いただきました。
 
お客様に紹介したい
商品があるそうです。
 
そのためのページを
作れる実力を、
 
しっかり身に付けたい
と仰るのです。
 
とても向上心のある
生徒さんです。
 
明日の朝から
早速レッスンです。
 
 
レッスンの内容は、
 
 
・ページに画像を表示するには?
・ページに表を表示するには?
・ページ内リンクの作り方は?
・リンクを画像にするには?
・画像と文章を横に並べるには?

 
 
などなど、
 
HTMLをある程度
知ってる人なら、
 
「ああ、そんなこと?
 教わるまでもない」
 
「授業料を払わなくても
 ネットでググればいい」
 
と思われるかも知れません。
 
確かにこれらはHTMLの
基本中の基本なので、
書き方はネットで学べます。
 
でも、最短で学ぶためには
正しい道筋を示してくれる
ガイドがないと、
 
無駄に時間がかかりますし、
方針的に間違った書き方を
しても気付けません。
 
ですから、ピンポイントで
 
「ここをこういうふうにしたい」
 
を実現しようと思うと、
ネットでの独学というのは、
実はハードルが高いんです。
 
まず、
 
ネットで調べるにしても、
 
「どういう調べ方をすれば
 欲しい情報が出てくるか?」

 
がわかりません。
 
知ってる知識だけを
組み合わせたのでは、
 
どうしても重要な部分が
足りなかったりして、
 
正しい筋道を
描けないからです。
 
だから、私のレッスンでは
 
「これ覚えてください」
 
ではなく、
 
「なぜこう書こうと思いつくのか」
 
という筋道を
理解していただくことを
重視しています。
 
なぜなら、
 
レッスンを受けた方に、
自力でできるように
なって欲しいから。
 
そのためには、
 
コードを書くときに
私が辿った筋道と同じ筋道を、
生徒さんも自分で再現
できることが必要です。
 
そう、
 
【再現性のあるスキル】
 
これが、答えを教えるだけではない
私のレッスンの基本方針です。
 
 

PR

CODEMYのマンツーマンレッスンでは、WordPress
HTML5やCSS3を基礎からしっかり学びたい方のために、
コース学習の中でカリキュラムをご提案致します。
 
▼無料相談をお気軽にご利用ください。
http://codemy-lesson.office-ing.net/contact
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講師が執筆した本が発売されました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
WordPressのツボとコツがゼッタイにわかる本』
 
Amazonで概要を見る
http://amzn.to/2nd7Ia5
 
『ホームページ作成のツボとコツがゼッタイにわかる本』
 
Amazonで概要を見る
http://amzn.to/2bXJkbs
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CODEMYのオンラインレッスン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【1】自宅でマンツーマンレッスン
http://codemy-lesson.office-ing.net/

知りたいことだけ学べる個人レッスンです。

 
【2】動画と個別添削のプログラミング講座
http://bit.ly/2h7ZeRJ
 

HTML/CSS/JavaScriptの基本が身に付くレッスンです。

↓無料体験はこちら
http://bit.ly/2hw7mIy

【ワードプレスのバックアップでFTPエラーが出た場合の対処法】

f:id:wp-lesson:20170411143023j:plain

ワードプレス用のバックアッププラグインとして有名な
BackWPup でバックアップを実行したときにFTPエラーが出た場合の
原因と対処法について解説します。

BackWPUpはFTP通信を利用している

BackWPUpを使うと、夜中などに自動で定期的にWordPress全体を
バックアップすることができます。
 
バックアップしたデータは、
DropBoxやサーバーに作成するように設定ができるのですが、

サーバーに作成する設定にした場合に、
FTPエラーが発生してバックアップが失敗することがあります。
 
通常、ホームページの更新といえば、
FFFTPFileZillaCyberduckなどといったFTP接続ソフトを使って
ウェブサーバーに接続する方法が一般的です。
 
BackWPUpがウェブサーバー上にバックアップを作成する際も、
同じくFTP接続が使われています。
 
しかし、FTPのアカウントもパスワードも正しく設定しているのに、
なぜかBackWPUpの場合だけFTPエラーでバックアップが失敗することがあります。
 
理由は、
 
『ポート番号』の設定が間違っている
 
です。
 
ポート番号とは、アプリケーションのプログラムが
別のサーバーや別のアプリケーションと通信する際使われる
【合言葉】のようなものです。
 
この【合言葉】が、どこから接続されるかによって違うので、
正しく設定しないとFTPエラーが発生します。
 
FTPソフトで接続する場合
サーバーの外部からの接続となるので、
外部向けのポート番号が使われる。
 
▼BackWPUpでサーバーにバックアップする場合
サーバーの内部からの接続となるので、
内部向けのポート番号が使われる。
 
 
例えばエックスサーバーの場合、
 
外部からの接続は、インターネットの規定値である
21番ポートです。
 
内部からの接続は、エックスサーバーの独自設定
10021番ポートです。
 
 
そのため、BackWPUpのFTP設定欄には、
10021番ポートを設定しなければなりません。

PR

CODEMYのマンツーマンレッスンでは、WordPress
HTML5やCSS3を基礎からしっかり学びたい方のために、
コース学習の中でカリキュラムをご提案致します。
 
▼無料相談をお気軽にご利用ください。
http://codemy-lesson.office-ing.net/contact
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講師が執筆した本が発売されました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
WordPressのツボとコツがゼッタイにわかる本』
 
Amazonで概要を見る
http://amzn.to/2nd7Ia5
 
『ホームページ作成のツボとコツがゼッタイにわかる本』
 
Amazonで概要を見る
http://amzn.to/2bXJkbs
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CODEMYのオンラインレッスン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【1】自宅でマンツーマンレッスン
http://codemy-lesson.office-ing.net/

知りたいことだけ学べる個人レッスンです。

 
【2】動画と個別添削のプログラミング講座
http://bit.ly/2h7ZeRJ
 

HTML/CSS/JavaScriptの基本が身に付くレッスンです。

↓無料体験はこちら
http://bit.ly/2hw7mIy